ロックとチュウーハイとこりんがるな日々

日々のインプットした事をアウトプットする場所

TreasureData 前日分のログを指定する方法

最近Treasurdataを使っています 何回か同じ事を調べたのでメモです

hiveとprestoで現在のunixtimestampの取得方法が違ったので以下に書きます

hive

select * from a where
TD_TIME_RANGE(
    time,
    TD_TIME_FORMAT(TD_TIME_ADD(unix_timestamp(), '-1d'), 'yyyy-MM-dd 00:00:00', 'JST'),
    TD_TIME_FORMAT(unix_timestamp(), 'yyyy-MM-dd 00:00:00', 'JST'),
    'JST'
)

1時間前の場合

select * from a where
TD_TIME_RANGE(
    time,
    TD_TIME_FORMAT(TD_TIME_ADD(unix_timestamp(), '-1h'), 'yyyy-MM-dd HH:00:00', 'JST'),
    TD_TIME_FORMAT(unix_timestamp(), 'yyyy-MM-dd HH:00:00', 'JST'),
    'JST'
)

presto

select * from a where
TD_TIME_RANGE(
    time,
    TD_TIME_FORMAT(TD_TIME_ADD(CAST(TO_UNIXTIME(NOW()) as BIGINT), '-1d'), 'yyyy-MM-dd 00:00:00', 'JST'),
    TD_TIME_FORMAT(CAST(TO_UNIXTIME(NOW()) as BIGINT), 'yyyy-MM-dd 00:00:00', 'JST')
    'JST'
)

1時間前の場合

select * from a where
TD_TIME_RANGE(
    time,
    TD_TIME_FORMAT(TD_TIME_ADD(CAST(TO_UNIXTIME(NOW()) as BIGINT), '-1h'), 'yyyy-MM-dd HH:00:00', 'JST'),
    TD_TIME_FORMAT(CAST(TO_UNIXTIME(NOW()) as BIGINT), 'yyyy-MM-dd HH:00:00', 'JST')
    'JST'
)

ウォーキング・デッドはヒューマン・ドラマ

ウォーキング・デッドはヒューマンドラマです 僕とよく話をする人は20回ぐらいこの話を聞いているかもしれないけど 急にブログにまとめて見たくなったので現時点での僕の考えをまとめておく

まずウォーキング・デッドとはアメリカのテレビドラマです、アメコミで原作があるようですが、微妙に 登場人物やストーリーが違っていたりします 2010年ぐらいから放送されており、現在はシーズン7の前半まで放送されています

物語としてゾンビにより世界の終末後を描いています シーズンの最初の方はゾンビ対生存者の戦いを描いており、生存者達はゾンビから身を守れかつ安全に 暮らせる場所を探します

生存者達も脅威はゾンビであり、生存者同士は協力して共通の敵であるゾンビを倒していきます 法も秩序も崩壊していくなか人々はまだ道徳や今までの秩序やルールを守ろうとしますが ゆっくりとゆっくりと生存者達の人格は崩壊していき、新しいルールが作られていきます

そして生存者達の人格はゆっくりと崩壊し、新しいルールのもとに再構築されていきます

ウォーキング・デッドの見どころはゾンビがグロいとかそんな事ではなく上に書いたとおり 生存者達の人格が壊れ再構築されていく過程を楽しむのが最大の見どころかと思っています

物語が進むにつれてゾンビは新しい世界を構成する一つの要素でしかなく、そこにいて当たり前の 存在になっていきます脅威はゾンビではなく、人間になっていきます

戦いだけでなく、他にも色々なヒューマン・ドラマが展開されるのがウォーキング・デッドです ぜひ一度見て下さい

ちなみに物語の中ではゾンビという言葉は一度も登場していません、ウォーカーやバイター、感染者なんて よばれています ウォーカーという呼び名は人間を指している可能性もあります、この世界においてゾンビも人間もあるき続ける 者たちです

でわであ

2017年の抱負

今週のお題「2017年にやりたいこと」

2016年は本業に専念しました だからなにか身についたかと言うとこれとった技術は身につかなかったなと感じた大晦日でした

今年やる事をしたためる

  • AWS ソリューションアーキテクトの資格をとる
  • Deep Leaning(はやりものに手をだす)
  • せっかくなんで分析をやる
  • 1週間に1つブログを書く
  • コミュニティ活動に力をいれる
  • php以外の言語を取得する
  • 開発者を便利にするものをつくる
  • 今年もAWS Summitに行きたい
  • ディズニーランドに行きたい
  • 毎日ストレッチする(体がかたすぎる)
  • 1日1プログラム
  • 個の力を強くする

今年もよろしこです

第21回関西PHP勉強会に参加してLaravelエキスパート養成読本を頂きました

4/21日に開催された第21回関西PHP勉強会に参加してきました

今回の勉強会の内容はセミナー形式で行われました

・ Laravel エキスパート養成読本出版記念で、Laravel の話(@shin1x1)
・ LT1: Lumenとりあえず触ってみた感じレポート(mikakane)
・ LT2: ReactPHPはもっと流行って欲しい(たなかひさてる)

どの話も非常に興味深かったですが、やはり以前に趣味で触った事のあるlaravelに興味があったのでlaravelの 話は非常に面白かったです

そして最後にビッグなプレゼントがLaravel エキスパート養成読本が著者の一人である今回の発表者の新原さんか ら2冊プレゼントされました 2名以上が手を上げたのでじゃんけんになりましたが、「Laravel エキスパート養成読本」をゲットしました

今日やっと読み終えたので感想文を800字以内で書きます

先に結論から書きます、今からlaravelを始めようと思っている方は間違いなく読んだほうが良いと思います 発売の時期がlaravel5のリリース時期とかぶってしまった事も逆によかったと思います

書かれている内容はほぼlaravel4の内容になっていますが、laravel5の新機能についても書かれています つまりlaravel4,5どちらの情報も書かれているという事です

個人的にはまったく理解出来ていなかったlocコンテナ、ファサード、サーピスプロバイダ、Eloquentについて書か れているChapter3、RestAPIについて書かれているChapter5が読み応えがありました

特にlaravelでRestAPIは以前に自分も作った事があるのですがその時に疑問に感じたテストをどうやってやるのか やサービスとモデルの使い方などが詳しく書かれており非常にわかりやすく腑に落ちました

laravelについて書かれた日本語の書籍は少ないので是非一度目通してみてはいかがでしょうか?

ざっと目を通すだけんら2時間もあれば終わります、目を通して気になった部分はあとから詳しくみて みると良いかと思います

僕はこれから2週目に入ろうかと思います

雨のディズニーシー

目下のところ子供が爆睡中なのでnew york deliに避難中

外にいるとめっちゃ寒いのです

手袋がほしいけどどうにも売ってない
子供用や女子向けはあるが男子向けがない

ミッキーやミニーの耳付き手袋を36歳がはめるにはあと10度ほど気温が下がって生命の危険を感じてからである

そこまで寒くならんことをブッダに祈りながら楽しみとしよう

魔法にかかりながら


f:id:box406:20150121153336j:image