ロックとチュウーハイとこりんがるな日々

日々のインプットした事をアウトプットする場所

2015年の目標

2014年が終わる

今年の初めに掲げた抱負はなにひとつできていない 原因は飽き性な性格だ

仕事もプライベートも全部が中途半端だった

仕事においては2015年には劇的な変化が訪れる、転職です 今の会社は社員数が激減して現在5名しかいないが、転職先の会社は200名もいる

転職を決めたきっかけは200名いるなかで今まで考えてきた、ものつくりの考え方や 組織としてのものつくりがどの程度通用するかを試したかったこと、チームで仕事を することにおいて今までの経験と今までやりたかったけど実践できなかったことを試せる 環境と役職を用意してくれたことが大きな要因となった

あと会社が儲かっているという事も大きな決めてとなった

2015年は試す事を目標だ

まずは新しい環境で様々な事を試すことができるように発言権を得ることから始めてみます といってもなにか方法論があるわけではないので求められる仕事に対して200%の結果を用意 することを考えながら動けば大丈夫な気がしている

その上で経営者的思考を忘れないように心がけることが大事だと思う

転職後の行動指針

  1. 常に200%の結果を自分に求める
  2. 好き・嫌いで判断しない、正しいか正しくないかで判断をする
  3. 自分の感情は後回し、客観的にものごとを見る
  4. ロジカルシンキングを心がける
  5. 技術的な勉強を怠らない
  6. 考えることをやめない

転職を決めたきっかけのメモ

会社が儲かっている事

会社が儲かっていることは非常に重要だとおもう、お金がないとなにもかにもががんじがらめで 正しいことがなにもできない、某D社(現職の会社)がそうだ 起死回生を願ってリリースしたシステムにはろくなマーケティングの時間が与えられず、社長が話しを 聞いた20社から聞いた『良いですね』という社交辞令を真に受けて判断した結果、リリースして1年 近くたつが10数社の導入で終わっている、導入先には価値を説明しきれず結局値引きやキャンペーンと 称して売っているため顧客に正しい価値が伝わらず結果導入企業のほとんどがシステムを使わないとう 結果が出ている この結果の要因は色々あるとおもうが、ひとつの原因としてマーケティングを正しくおこなうなかった ことがあると思っている、マーケーティングをおこなう期間と人員に使うお金がなかったので、できるだけ はやく市場に投入してあとで改善していくという考え方があったからだ また改善をおこなうことにも人・物・金を投入しなかったことも原因だとおもう

上記のようなことを繰り返したくないのでシステムに正しくお金を投入できるだけの利益が確保されている 企業が条件の一つだった

チームビルディング

チームビルディング、ここでは開発チームのことをさします 現職のD社ではエンジニアが一人ということもあり、チームビルディングをおこなう必要がなかったことがあります 転職後はエンジニアの数が10名程度います、全体で200名の会社なので社内比率的には完全におかしいですが これから増やしていくという考え方も見えたので今後が楽しみです

エンジニアのチームビルディングの目標はエンジニアが自律的に判断して動く事ができる組織体制を作る事が最終 目標です、そのためにマネジメントを行い、組織構造を変えていくことが僕の仕事かと思います

ものづくり

チームビルディングとかぶる部分もおおくありますが、エンジニアが自律的に動ける組織構造を作るということは エンジニアが好きな事をすると勘違いする可能性を多分に含んでいます

そういったエンジニア至上主義になってしまうとエンジニアが顧客に向き合わなくなってしまいます エンジニアにはものづくりにおいていかの価値観を植えつけたい

  • 誰が使うのか?
  • なんの目的でつかうのか?
  • どういった価値を提供するのか?
  • どういった事で困っているのか?

またアジャイルの考え方を取り入れて顧客に提供する価値を最大限高めたいエンジニアが動きやすい組織でもエンジニアは あくまで顧客思考と経営者思考を持ってものづくりをおこなう事で会社に対する利益を最大限高める事を考える

現職のD社では上記のようなものづくりはできません、会社に体力(お金)が無い事も原因ですが すでに新しいものを生み出す環境がなくなっている事の原因です


まだまだまとまってない事がありますが、転職の理由と2015年の目標です

でわでわ

良いお年を